産地レシピ タケノコバーガー
写真
 写真

味つけしたタケノコに衣をつけて揚げる

 朝、ほんのり明るくなった竹林に入り、地面のかすかな地割れや盛り上がりを探し唐鍬を振り上げる。すると土の中から黄色い穂先が顔を見せます。春の香りと生まれたばかりの生きる力をみなぎらせたタケノコは、柔らかい中にも歯ごたえがあり、甘みがあります。

 そんな採れたてのタケノコを農作業の合間に大釜でゆで、醤油、砂糖、トウガラシなど自慢のお袋の味で煮付けます。衣をつけてカリッと揚げてパンにはさむと「たけのこバーガー」。子どもたちや農作業の手伝いに来てくれる友達などに好評です。

 「道の駅たちばな」ではタケノコの季節になると、この「たけのこバーガー」をタケノコ農家の仲間で販売しています。作り方は、バターロールやバーガー用のパンを半分に切り、揚げたタケノコや、採れたてのレタスやトマト、お好みでゆで卵のスライスなどをはさみ、マヨネーズで味を調えるだけ。

 問い合わせやリクエストも多く、11月の収穫祭の時期には、煮付けたあと冷凍保存しておいたタケノコを使って「まぼろしのたけのこバーガー」としてニーズにお応えしています。また、この冷凍保存したタケノコは、細かく刻んでチャーハンの具としても、手軽に旬の味を一年中楽しめます。

(道の駅たちばな・夢実館そろり)

レシピ 写真

タケノコバーガー

材料

  • タケノコ 中くらいを1本
  • バターロール 1〜2個
  • レタス・トマト・キュウリなど 適量
  • だし汁 2カップ
  • 中ザラ糖 大さじ1〜2
  • 醤油 大さじ3
  • トウガラシ 適量
  • マヨネーズ 適量
レシピ
  • 【1】アク抜きしたタケノコを少し大きめに切る
  • 【2】 だし汁、トウガラシ、中ザラ糖でタケノコをしばらく煮込み、醤油を入れ、味がしみ込むまで煮る
  • 【3】【2】に衣をつけて揚げる
  • 【4】バターロール、バーガー用パンなどにレタス、トマト、キュウリなどと一緒にはさみ、マヨネーズで味を調える
 
戻る