農林水産省からのお知らせ「各地の地産地消の取組から得られた情報を掲載した手引書を作成しました」
ニュース

[2010/02/01]

全国地産地消推進フォーラム2010が開催されます。

[2009/11/25]

「地産地消給食等メニューコンテスト」(第2回)の審査結果及び「地産地消給食等推進セミナー」の開催について

[2009/10/05]

第2回「地産地消の仕事人」が選定・公表されました。

地産地消を広げよう!
サラダセットを直売所に 農家だから知っているおいしさを伝えよう

地産地消を進めることで、地域に根ざした生産者と消費者の結びつきが生まれます。そんな取り組みを集めてみました。直売所運営や地産地消の推進のヒントとしてお役立てください。

つづきをよむ
産地農家のレシピ
写真

タケノコバーガー

福岡県立花町 森 久栄さん

子どもたちにも大人気、「たけのこバーガー」

つづきをよむ
わたしの「地元を食べる」
写真

おいしい・ありがとう・元気です

小泉浩郎さん
山崎農業研究所 事務局長

 地産地消活動の現場に伺いますと、みなさん、元気な笑顔に溢れています。

つづきをよむ
地元、食べてます
写真

地域に学び、地域に返す―小さな高校の大きなチャレンジ

兵庫県篠山市

全国の高等学校は、公立、私立合わせて約5400校。その中の専門学科にあたる「農業系高校」では、地域と連携した特色ある活動が各地で行われている。兵庫県篠山市で特産の黒大豆と山の芋にこだわる授業を実践する、篠山産業高校東雲校を取材した。

つづきをよむ

写真

集落の人たちの暮らしを第一に考えて設立された共同売店

高知県四万十市

愛媛県との県境に位置する高知県旧西土佐村(現 四万十市)の大宮地区。現在の人口は135戸301人、稲作を主にした農業が営まれている。この集落のほぼ中心に建つのが、「(株)大宮産業」。住民の出資によって設立された共同売店である。

つづきをよむ